新型コロナワクチン

個人的な結論

① 高齢者は打つべし

② 中年層は打った方が良い

③ 若い人たちは打たなくて良いのでは

④ 子供たちは打たない方が良い

理由

新型コロナワクチンとして日本ではファイザー製とモデルナ製がある。

これはどちらもmRnaワクチンと呼ばれるものらしい。

ワクチンを打つことの効果はあるのはデータが示している。

重症化の予防に90%以上の効果があるというデータが仮に盛っているものだとしてもは、とにかく効果があるというのはおそらく間違いない。

問題は、本当に安全なのかという部分。

これについては理論上は安全だという風に言われています。

あくまで理論上です。

理論と現実は異なるということは頭に入れておかないといけない。

そしてそれは打ってみないとわからないわけです。

これが人体実験と呼ばれる由縁かと思われます。

そして短期的にはとりあえず問題は少なさそうというデータが出ている。

あとは数年後になにかが起こらないかということだけです。

良い方に理論が外れる場合もありえるわけで、なんとも言えません。

今を大切にするか、将来を大切にするか、というのが判断基準で良いのではないでしょうか。

今受ける必要がある人は受けた方が良いです。

必要があるかないかは重症化・後遺症化するかどうかだと思います。

その辺のデータを出したがらないあたりになにかを感じますが。。。

重症化する確率が高い人は打った方が良いです。

重症化する確率が低い人はたぶん打たない方が良いです。

理由は、わからないことが多いからです。

サンプルが取れていくに従い、打つべきか打たないべきかもっとはっきりしてくると思われます。

そんなに生きていたいわけでもないので私は打ちます。(笑)

なにかあったらその時はその時!!

打っても打たなくてもどっちでも良いと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です